尾瀬ハイキングの情報と尾瀬へ行く格安ツアー・旅行情報

尾瀬ハイキングに行きませんか?高地の湿原のさわやかな風を感じながら美しい尾瀬の風景をお楽しみ下さい。
TOP>>関東発|JRで行く関東ツアー・旅行>>尾瀬ハイキングの情報と尾瀬ツアー・旅行

更新日 2013-06-02

尾瀬ハイキング

尾瀬

尾瀬は福島県・新潟県・群馬県の3県にまたがる高地にあり、日本を代表する湿原で日本最大の湿地帯。中心となる尾瀬ヶ原は約 1万年前に形成されたと考えられる、日本を代表する高標高地の湿原であり、その大部分は高層湿原であるため、日本最大の高層湿原でもある。真夏でも気温が平均18度で、ハイキングにぴったりです。
LinkIcon尾瀬国立公園情報はこちら(片品村観光協会サイトへ)

尾瀬ヶ原(群馬県・片品村)

奥日光の標高約1400m、周囲を2000m級の山並に囲まれ、東西約6㎞、南北約2㎞の広がりを持つ国内最大の高層湿原。初夏のミズバショウや夏のピークに咲く鮮やかな黄色の花・ニッコウキスゲをはじめ、尾瀬沼の湖畔に整備された木道を歩きながら、可憐な高山植物を楽しむことができる。

住所:群馬県利根郡片品村
交通:JR上越線「沼田駅」からバスで約1時間50分、戸倉から路線バス、タクシーで鳩待峠登山口下車

尾瀬ヶ原(イメージ)イメージ

尾瀬沼(群馬県・片品村)

東北の最高峰である燧ヶ岳の大噴火によって誕生した高山湖で1665mの高地にある。水深約10m、東西2Km、南北1.2Kmの湖です。一帯は日本を代表する高層湿原となっており尾瀬沼周囲にも大小幾つもの湿原があるが、大江湿原や沼尻平が代表的。北側には燧ヶ岳、西には尾瀬ヶ原があり特に夏のハイシーズンは非常に多くのハイカーで賑う。畔には尾瀬沼ビジターセンターと幾つかの山小屋があり食事や宿泊も可能。尾瀬ヶ原や燧ヶ岳と合わせたハイクを楽しむ人も多い。

住所:群馬県利根郡片品村
交通:JR上越線「沼田駅」からバスで約1時間50分、戸倉から路線バス、タクシーで鳩待峠登山口下車

尾瀬沼(イメージ)イメージ

三条の滝(福島県南会津郡檜枝岐村)

尾瀬を源流とし、尾瀬ヶ原から流れ落ちる只見川の上流にある滝である。水量が減ってくると三筋に分かれるのが名前の由来とされる。新潟県と福島県の県境に位置し、高さ約100m、幅約30mの大瀑布で、水量豊富な只見川の本流が一気に落下するさまは迫力がある。日本の滝100選にも選ばれている。水量の多いときは豪快な景色を見る事ができる。

住所:福島県南会津郡檜枝岐村字燧ケ岳
交通:野岩鉄道会津鬼怒川線 会津高原尾瀬口駅より沼山峠行きバスで約2時間、御池バス停下車、バス停より燧裏林道を徒歩約3時間

三条の滝(イメージ)イメージ

尾瀬インフォメーション

尾瀬沼や尾瀬ヶ原は木道が整備され、初心者でも比較的楽に歩くことができます。天気が安定していれば軽装でもいいですが、山岳地域のため天気は非常に変わりやすく、折りたたみ傘やレインスーツ、着替えなどを用意しましょう。至仏山は7月1日前後の登山解禁以降、燧ヶ岳も7月以降に登った方が安全です。

決められた道以外は歩いてはいけません。
湿原はとてもデリケートなので、木道を外れて湿原に立ち入ったり、湿原に三脚を立てたりするのはやめましょう。なお、当然歩行中は禁煙です。
春先や秋はジャンパーが必需品です!
東京より平均気温が約10℃低く、昼間と朝夕の温度の差が激しいので長袖を必ず持っていきましょう。頭は熱が逃げやすいため帽子も必需品です。
植物の持ち帰りは法律違反です!
尾瀬は国の「特別天然記念物」に指定されており、植物や昆虫などを採集してはならず、落ちている枝を杖とする事も禁止されています。
ペット持込みは絶対にいけません!
ペット持込は、尾瀬の生態系を脅かす恐れがあります。ペットの鳴声やニオイはクマを刺激し、危険を感じて攻撃してくる可能性もあります。
クマよけの鈴を持ち歩きましょう。
朝夕の薄暗い時間帯を中心に目撃されています。クマよけの鈴等を鳴らすなど、自分の存在を知らせることで、クマの方が避けてくれます。また近年鹿も多く目撃されていますので注意しましょう。
ゴミは必ず持ち帰りましょう。
昭和48年からゴミ箱を設置していません。ゴミは尾瀬の生態系を壊す原因になるので、ゴミ袋を1枚持って出かけましょう。

■主な装備品(夏の初級・一例)

衣類
アンダーウェア・長袖シャツ・Tシャツ・セーターまたはフリース・スラックス・靴下・帽子・手袋・タオル・着替え
行動用具
トレッキングシューズ・ザック・レインウェア・折りたたみ傘
小物
水筒・地図・コンパス・ガイドブック・メモ帳・筆記具・ナイフ・カップ・ビニール袋・チリ紙・薬など
注意事項
※季節、コース内容、個人 差により準備するものは変わります。各自のスタイルに合わせて万全の準備ででかけましょう。

尾瀬の花

900種以上の植物が広がる尾瀬は世界でも希な植物の宝庫。5月下旬からのミズバショウに始まり夏のニッコウキスゲ、秋の紅葉、草紅葉など季節ごとに様々な表情を魅せてくれます。春、夏、秋と季節を彩る花々の山上の楽園を満喫してください。

ピクチャ 9.png※開花時期は、気候・場所によって異なりますのでご注意下さい。
ミズバショウ(イメージ)ミズバショウ(イメージ)オゼミズギク(イメージ)オゼミズギク(イメージ)


尾瀬ハイキングのモデルコース

尾瀬のハイキングコースは一般的に7~8通りあり、場所と目的を選んで決めていこう。
尾瀬のモデルコース

尾瀬ハイキングに行くツアー情報

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城)発

尾瀬ハイキングに行くツアー、旅行商品をご案内します。

尾瀬ハイキング 夜発直通・往復バスのみ

(運行期間:2013年6月1日~2013年10月14日)

東京・新宿・池袋・横浜発⇔鳩待峠・大清水・尾瀬戸倉間を結ぶ直行バスのみをご利用いただくツアーです。往路は夜行バスで行くので、早朝からハイキングたっぷり満喫♪※直通バスの旅行期間は最大7日間となります。

尾瀬ハイキング(バス車両一例)尾瀬ハイキング


尾瀬ハイキング 夜発2日間日帰りバスツアー

(運行期間:2013年6月1日~2013年10月13日)

「御池・沼山峠」、「鳩待峠」、「大清水」の3コースから選べます。夜行は苦手、時間がない、体力に自身がない・・・といった方々にオススメ♪ 夜発は早朝に現地へ到着して初心者の方も日帰りで手軽に尾瀬ハイキングを楽しめます。

尾瀬ハイキング(バス車両一例)尾瀬ハイキング


尾瀬ハイキング 朝発日帰りバスツアー

(運行期間:2013年6月1日~2013年10月13日)

時間がない方、尾瀬ハイキング初心者の方にオススメ!ハイキング気分で行ける尾瀬。殆どの歩道は「木道」ですので歩きやすいのも特徴です。

尾瀬ハイキング(バス車両一例)尾瀬ハイキング


尾瀬ハイキング 夜発山小屋宿泊プラン

(運行期間:2013年7月1日~2013年10月6日出発
(現地2泊の場合は10月5日出発まで))

1名様より出発保証!山小屋に宿泊して、尾瀬をたっぷりと楽しんでいただけます。 宿泊する山小屋、泊数、到着地(IN)と現地出発地(OUT)も鳩待峠か大清水か自由に選べます。

山小屋(一例)山小屋(一例)